もう一人で悩まないで 不妊治療

今後の方向性を定める妊活のための不妊検査

お腹の中にいる赤ちゃん

妊活して元気が赤ちゃんを産みたいというのは本当に素晴らしいことですが、早い段階で検査を受けたほうがいいかもしれません。その検査とは不妊の検査で、そのままの自然の流れで妊娠ができるのか、それともなんらかの治療をしないと難しいのかということを判断することができるからです。
それによって妊活の方法が変わってくるかもしれませんし、取り組みにも影響してきます。その不妊検査では産婦人科に行くことになると思いますが、どきどきするし、勇気を必要とはしますが、自分が一歩を踏み出すことでいよいよという心構えできるでしょう。病院では初潮の年齢や生理の周期などを記入し、その量や痛みができるのか、そしてこれまでに妊娠や中絶そして流産の有無などを病院側に知らせることになりますので、ちょっと恥ずかしいかもしれませんし、自分のプライベートなことを知られるのは嬉しくはないのですが、そうしたことは必要な情報であり、これから妊娠するために、そして不妊治療という事であればなおさら重要なことになります。
内診では触診やエコーなどを使って子宮の様子をモニターに映して様子を見たりします。そうした不妊検査をすることで、今後の方向性が決まってくるのです。

TOP